インターネットビジネスの成功法則と業績向上につなげる成功事例やホームページを使った経営改善方法の提案からサポートまで。


岩上メルマガ 岩上メルマガに登録頂くと、特別なレポートや集客に関するWebセミナーをご覧頂けます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
メールアドレス



PR and LINK

スポンサードリンク
注文住宅の倉沢工務店
アニソンJーPOPロックを高い声で歌う為のボイトレ教室
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
腰痛・肩こりなら高崎市の整体ゆあさ
ネットビジネスの成功
経営ノウハウ
中小零細企業向け格安SEO

3ヶ月以内に実績を出したい時には

3ヶ月と書きましたが、できるだけ早く実績を出したい時の話です。

ただ、できるだけ早くと言っても、これまでの経験上、それはだいたい四半期で判断されます。ですので「3ヶ月」と書きました。

以前は1年後を目指してやっていた時もありました。

調査・企画フェーズ
実施準備フェーズ
1回目テストマーケティングフェーズ
結果の評価と修正、その後の2回目テストマーケティングフェーズ
後、必要回数だけ修正、テストマーケティングフェーズを繰り返す

という段取りで、確実に1年後の成果、2年後の成果を目指せるようにしていました。

しかし、昨今、もっとスピードを求められるようになって来ました。

私自身も「1年後」「2年後」は、どうなっているかわからない状況です。

相変わらず元気かもしれませんし、そうでないかもしれないのです。

そこで「3ヶ月以内に実績を出すことを目標」にしたプランを考えてみました。

これなら、なんとか皆様の企業のお役に立てそうです。


プラン実施に必要なのは、、、

「3ヶ月以内に実績を出すことを目標」にしたプランに最も重要なのは、

前回もお知らせした「最初から社員を巻き込む事」です。


早い実績を希望する社長様と話してみて感じた事は、

「やりたいことは実は決まっている。」

「その方向に社員が動いてくれなくて、じれている。」

事が多いです。


必要なのは「ノウハウ」ではなく「調整者」だったのです。


成功する「調整者」の資質とは


では、短期にプランを成功に導ける「調整者」とは、どんな人材でしょうか?

これは実は社外の人間だったのです。

プランをじっくり企画し、社内にオーソライズする時間が十分にある場合は、内部の人間を抜擢する方が良いと思います。

が、いきなり新たなプランを、それも3ヶ月で短期に実施するとなると、内部の人間では、なかなかうまく進みません。

ある人間を担当者にしても、当然、日々の仕事があり十分に時間がさけない。

さらに、上下関係や立場等で自由に動けない事が多い。

これらの条件で、社内の人間は長期プランには適していても、いきなりの短期プランには適していない事になります。

では、「事前にちゃんと準備して、長期プランにすればよい」という話もありますが、それができないので、じれている訳なのです。

やはり、会社の変革、社員の意識改革のためには、目に見える短期の変革プランが必要なのです。

しかし、短期で実績を出そうとするプロジェクトでは、やはり摩擦はさけられません。

それを社長一人で矢面に立っていたのでは、「その後」が心配です。

上手く言っても、いろんな意味で「しこり」が残ります。失敗したらなおさらです。

そういった意味でも外部の人間を入れてクッションにする必要があるのです。


成功の条件とは

3ヶ月とかの短期で、何かプロジェクトを立ち上げて実績をだすのに必要なのは

1:最初から社員を巻き込むこと

2:外部の調整者を入れること

なのです。


経験から言って、「外部の調整者」は、フルタイムである必要はないし、毎日来る必要もありません。

なので、状況、予算に応じて上手く使うことができます。


「具体的にどうすれば、」は、御社の状況によって変わってきます。

ここから先は是非無料相談にてお問い合わせ下さい。


「短期で上手く行った事例」等もお話できるかもしれません。




Dee Bee total plan
(c) Copyright 1993 - 2016 Dee Bee total plan, Inc. All right reserved.