インターネットビジネスの成功法則と業績向上につなげる成功事例やホームページを使った経営改善方法の提案からサポートまで。


岩上メルマガ 岩上メルマガに登録頂くと、特別なレポートや集客に関するWebセミナーをご覧頂けます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
メールアドレス



PR and LINK

スポンサードリンク
注文住宅の倉沢工務店
アニソンJーPOPロックを高い声で歌う為のボイトレ教室
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
腰痛・肩こりなら高崎市の整体ゆあさ
ネットビジネスの成功
経営ノウハウ
中小零細企業向け格安SEO

なぜホームページ屋さんは3ヶ月以内に実績を出す為のサイトを作れないのか


ぜホームページ屋さんは3ヶ月以内に実績を出す為のサイトを作れないのか?

この質問は答えは、

「その経験、実績、ノウハウがないから」

では、ありません。

その経験、実績、ノウハウがある方もたくさんいらっしゃいます。

では、なぜでしょう?


なぜホームページ屋さんは3ヶ月以内に実績を出す為のサイトを作れないのか

理由は「単価」です。

ホームページは、1個作ってもだいたい30万円から50万円くらいです。

ランサーズとかに行くと、15万円でレスポンシブ(PCから携帯サイトまで)対応とか言う話もあります。

作業は結構大変です。

事前打ち合わせで合意を取って作り、「さあ完成納品だ。」となってからが、手直しの本番になります。

最初の打ち合わせなんて、どっかいっちゃうくらい変更要求が飛び交います。

私の知っている例では、ランサーズで15万円でレスポンシブ(PCから携帯サイトまで)対応まで受けた方は途中でトンズラしてしまいました。15万円じゃとても合わなかったのでしょう。(それでも受けたからには最後までやれよ、と思いましたが。)


短期に実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウを持っている人は、もっと単価の高いコンサルとかをやります。まず、サイト作成とかはやりません。

短期に実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウを持っている人が社内にいる企業は、単価アップの売りにします。その場合、サイト構築料はさらに高額になります。

このような「実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウがあります」という提案に対し、「実績が出せるのであれば多少高くても」と検討した企業もありました。

結局出てきたは、「ここに、このような内容を書いて下さい。」というフォーマットだけでした。「具体的に何を書くの?」というのは、こちらに丸投げで、後は「言われたとおりにやりました。」と言って指定された内容を指定された場所にはめ込む作業を行っただけでした。

ということは、かなりお高い費用を払わないと、「実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウを持っている人」からの直接の指導は得られないということです。

なお、高い費用を払ったからと言って、本当に「実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウを持っている人」が出てくるとは限りません。「自称」という人もたくさん見てきました。

ほとんどは「パターン化されたノウハウ」と「ひな形フォーマット」を売って終わり、が大半でした。

という事で、短期に実績をだすサイト作りの経験、実績、ノウハウを持っている人は、サイト構築の金額程度では出てこない。

という事になりますが、、、それだけではありません。

実の話、岩上がつくる時は、最初から「パターン化されたノウハウ」とか「ひな形フォーマット」とかは使いません。それでは上手く行くとは限らないからです。

では、どうすれば、実績のでるサイトが構築できるのでしょうか?

なぜ、岩上は「3ヶ月で実績を出す」と言い張れるのでしょうか?


構築されたサイトが実績を出すための重要なポイントとは

実の話、岩上がつくる時は、最初から「パターン化されたノウハウ」とか「ひな形フォーマット」とかは使いません。それでは上手く行くとは限らないからです。

それよりも、お客様の話をじっくり聞くことに時間を費やします。

ここが重要なのです。

最初から「短期に実績をだすプラン」を如実に語っている人も多々いらっしゃいます。本人が気づいていない時もありますが、すでに答えは出ている事が少なくありません。

その業界や地域の状況、なぜ上手くいかなかったのか? どうすれば上手く行くのか?

これらの情報は、あなたの方が岩上より詳しいのは当然の話です。

ただ、「当事者では気づかない事がある」というだけの話です。

いはゆる「オカメ八目」というやつです。

すでに答えは出ています。

それを形にするだけなのです。

多くの場合、答えは8割方出ています。

気づかないのは、あなただけです。

答えがわからないのは、あなただけです。

ウソだと思うなら、是非、下記無料相談でお試し下さい。

ダメだとしても1円も損をしません。

未来をつかむ為に、時を惜しむかどうか、だけの話です。


多くのホームページ屋さんは、「ひな形フォーマット」に落としこむ

お客様の話をじっくり聞くことができ、それに沿ったサイトを作れれば、上手くいく可能性が飛躍的に高くなります。

そして、上手く行く方向性を「イベント(キャンペーンや短期的にコストをかけた広告)」という形にすれば、「3ヶ月で実績をだす」と言う話になるのです。

簡単な話ですね。要するに「料理法」の話に過ぎないのです。


ただ、この「料理法」をホームページ屋さんで出来ないのが、今回の「本当の問題」なのです。

その理由も「単価」です。

ホームページ屋さんは「サイトを作ってなんぼ」ですが、原価計算は時間換算で行います。

例えば、30万円のサイトを請け負い、デザイナーの作業時間から営業担当者の打ち合わせ時間や移動時間も入れて、何時間で作れれば利益がでるのか? という話です。

という経営原価的な前提があって、その結果多くのホームページ屋さんは、「ひな形フォーマット」に落としこみ、後はデザインで満足感を出す方法で対応したがるのです。

お客様の話をじっくり聞いていたりしては大変なことになります。

そんなことをすれば、お客様の話毎に、別の内容、別の方向性、と完全にオーダーメイド戦略のサイトになってしまいます。

さらに完成納品直前の段階になってからの手直し、変更要求がすごいです。

まともに対応していたら大赤字です。

「ひな形フォーマット」に落としこめば、デザインでの満足度も読めますし、作業時間も計算できます。

サイトデザインはセミオーダー風、サイト戦略はひな形パターン。これがホームページ屋さんが利益の取れるWEBサイト構築術なのです。

しかし、これではサイト作成したあなたの利益が取れるとは限りません。


重要なのは、お客様の話をじっくり聞くことに時間を費やせるか?

構築されたサイトが実績を出すための重要なポイントは、

あなたの話をじっくり聞いてくれるか?

その話を前提にサイトプランを考えてくれるか?
 (あなたの話をネタに、ちゃんと「料理」してくれるのか?)

です。

ちゃんと考えてくれたかどうかは、例えば「どうしてこのようなメニュー体系になったのか?」を聞いてみれば、ある程度はわかります。

「企業サイトだからこういう流れになります。」とか、そういう理由だとしたら結局は「ひな形フォーマット」に落としこんでいるだけの話なのです。

それでは確実に埋もれてしまいます。

せっかくお金を出すのであれば、せめて主張するサイトにしないといけません。

特に、持論を語れる経営者ならなおさらです。

多くの人に自社の特徴を知っていただくのがサイトの目的なのに、この点が重視されていないとすると、サイト構築の意味がないことになります。

サイト構築やリニューアルの時は、この点を絶対に忘れないで下さい。

またその際は、当社も候補の一つとして、是非とも声をかけて下さい。提案だけなら無料で行なっておりますので、絶対に損はさせません。



Dee Bee total plan
(c) Copyright 1993 - 2016 Dee Bee total plan, Inc. All right reserved.