インターネットビジネスの成功法則と業績向上につなげる成功事例やホームページを使った経営改善方法の提案からサポートまで。


岩上メルマガ 岩上メルマガに登録頂くと、特別なレポートや集客に関するWebセミナーをご覧頂けます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
メールアドレス



PR and LINK

スポンサードリンク
注文住宅の倉沢工務店
アニソンJーPOPロックを高い声で歌う為のボイトレ教室
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
腰痛・肩こりなら高崎市の整体ゆあさ
ネットビジネスの成功
経営ノウハウ
中小零細企業向け格安SEO

SEO「注文住宅 xx区」制覇!

確実に効果がわかるステップSEO

SEOを始めた場合、「なかなか効果がでない。びくともしない。大丈夫か?」と不安になることも多々あります。

そこで「ステップSEO」という手法を紹介しす。


ある工務店さんのSEOを実施事例です。

この工務店さんは「なんちゃら住宅(仮名)」というのでプロモーションをかけています。全くバックリンクがない、ほぼ内部SEOだけの状態で「なんちゃら住宅 市区町村」というキーワードでは、すでに上位に入っていました。

もう少しアクティブにアクセスを増やすには、「上位のキーワード」を狙うしかありません。

仮にこの場合の「上位のキーワード」が「注文住宅」だったとしましょう。あくまで仮の話です。

そうするとキーワード毎に、以下の様なレベルが想定されます。

レベル1:「なんちゃら住宅 市区町村」
レベル2:「なんちゃら住宅 都道府県」
レベル3:「なんちゃら住宅」
レベル4:「注文住宅 市区町村」
レベル5:「注文住宅 都道府県」

ということになります。


この設定でやってみると、レベル1、レベル2、レベル3・・・の順に検索結果が上がっていくことになります。

当然の話です。簡単な順番に上がっていくのですから。

レベル1のキーワードではすでに1ページ目にいましたが、さらにレベル2のキーワードも押し上げられてきました。

SEOが効いている証拠になります。この段階で「まったく効かないのでは?」という不安はなくなります。

スタート後、2ヶ月後の段階ではレベル3とレベル4のキーワードが圏外から上がって来た状況でした。この時点でインプレッション(検索エンジンでの表示回数)の増加も確認されました。


そしてその後、

レベル4:「注文住宅 xx区」

のキーワードが1ページ目に上がっていました。4ヶ月でレベル4制覇という事になりました。(この期間については、状況によって大きく異なります。)

東京のレベル4:「注文住宅 市区町村」は、地方のレベル5:「注文住宅 都道府県」に相当するか、それ以上に大変だったりします。(数が多いので)

その後、レベル5:「注文住宅 東京都」までの完全制覇にむけて頑張りという段取りになります。


そしてある時、100位圏外にあった「注文住宅 東京都」が30位台に上がってきました。

「注文住宅 東京都」 30位台までの道

正直、これは結構大変でした。

最初、
サイトのページ数が足らない。
ページの文字数も足らない。
キーワードの出現率もめちゃめちゃ。

という状況からのスタートでした。

トップの大幅変更(文字データ追加)を行ったら、その後いきなりいろんなキーワードが100位圏外に飛ばされてしまたり、、、

と、大きな修正をする度にいろんなキーワードで100位圏外に飛ばされる事態続出でした。

が、これをやらないと絶対に上にはあがれないので、どんな事が起ころうと着実に進んで行くことにしました。

普通、SEOって順位が上がった時は喜ばれるのですが、いきなり圏外に飛ばされたりした日には、大変なことになります。

しかし、この工務店さんは、あわてず騒がず、ノークレームで対応してくれました。ここが成功の秘訣かもしれませんね。

レベル5:「注文住宅 都道府県」制覇は、まだまだこれからです。

ついに「注文住宅 東京都」で3ページ目に突入

4ヶ月目には、レベル4:「注文住宅 xx区」のキーワードが1ページ目に上がって来ました。そして先日、100位圏外にあった「注文住宅 東京都」が30位台に上がってきました。

そして昨日、ついに「注文住宅 東京都」がYahoo!で3ページ目に突入してきました。

30位台は31位以降は4ページ目です。

が、30位以内に入ると3ページに上がってきます。

この3ページ目と4ページ目では何故か嬉しさが違います。

もちろん検索結果の表示件数も違ってきます。

うれしさ倍増ですね。

SEOの仕組みはとてもシンプルだ。

この実績は「SEOの質と量」を理解していれば、それほど難しいものではありません。

「SEOの質と量」には「サイトの質と量」と、「バックリンクの質と量」の2つの概念があります。

と言ってもたいした話ではありません。


「サイトの質と量」についてのまとめ

・サイトの量とは、「サイトのページ数」と「1ページ当たりの文字数」です。
 目標は、1サイト50ページ。1ページあたり1000文字です。

・サイトの質とは:ページ別に設定されたキーワード出現率のことです。
 目標は、ページに設定されたメインキーワードが出現率トップで3%程度。


「バックリンクの質と量」についてのまとめ

・バックリンクの量とは、単純にバックリンクの数です。多いほど良いです。

・バックリンクの質とは、バックリンクの量があるサイトからのバックリンクです。
 バックリンク無しのサイトからのバックリンクより、バックリンクが沢山あるサイトからのバックリンクのほうがより質が良いということです。


「サイトの質と量」の大幅強化は覚悟が必要

だた忘れていけないのは、「サイトの質と量」を大幅強化しようとした場合です。

上記のサイトの経験では、インデックスページの「1ページ当たりの文字数」を大幅に強化した時、約3週間程度ほぼすべてのキーワードで、100位圏外に叩き落とされました。

インデックスページに大きな手を入れた時は、このような事が起こります。

この時は約3週間程度で順位がもどり始めましたが、それが「いつか」は誰もわからないという事なのです。

しかし、そうしなければ上位に上がることはなく、ずーーーっと中途半端な順位のままだったと考えています。

競争の激しいキーワードで上に出るには、それなりのリスクは覚悟しなければならないのです。



Dee Bee total plan
(c) Copyright 1993 - 2016 Dee Bee total plan, Inc. All right reserved.