インターネットビジネスの成功法則と業績向上につなげる成功事例やホームページを使った経営改善方法の提案からサポートまで。


岩上メルマガ 岩上メルマガに登録頂くと、特別なレポートや集客に関するWebセミナーをご覧頂けます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
メールアドレス



PR and LINK

スポンサードリンク
注文住宅の倉沢工務店
アニソンJーPOPロックを高い声で歌う為のボイトレ教室
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
腰痛・肩こりなら高崎市の整体ゆあさ
ネットビジネスの成功
経営ノウハウ
中小零細企業向け格安SEO

「成功」と「成長」を実現するもっとも確実な方法とは

それは、「チャレンジの数を増やすこと」だと考えています。

どんな天才ピッチャーでもマウンドに立たないと「勝利」を得ることは出来ません。

チャレンジした試合数と勝利の数は比例します。

これは天才ピッチャーだけでなく、誰にでも言える事です。

違うのは「勝率」だけです。

「3勝1敗」なのか?

「1勝10敗」なのか?

なので、「1勝10敗」の人が10勝したかったら、110戦すればよい計算になります。(あくまで計算上は)

マーケティングもビジネスも同じです。

「チャレンジの数」と「成功の数」は比例します。

誰でもです。

問題なのは、「チャレンジの数」と「失敗の数」も比例する点です。

それも多くは「成功の確率の何倍もの高さで比例する」事です。


成長のチャンスは「失敗のコスト」と反比例する

すべてのビジネスの活動には「コスト」がかかります。

ビジネス上のすべてのチャレンジにも「コスト」がかかります。

広告、販促、商品開発、その他もろもろ、、、すべてにです。

もちろん「失敗の数」に比例して「コスト」がかかります。


成功の数を増やすには「チャレンジの数」を増やさなければならない。

しかし、すべてのチャレンジには「コスト」がかかり、失敗の確率の方がはるかに高い。

したがって普通に考えると「失敗の数は倒産・廃業の確率と比例する」ことになってしまいます。

チャレンジはしたいが倒産はしたくはありません。

さあ、どうすればよいのでしょうか?


答えは「失敗のコストを最小限まで下げること」です。


「チャレンジのコスト」を最小限にすると、限られた予算でも「チャレンジの回数」を多く取ることができます。

「チャレンジの回数」を多く取れれば、それだけ「成功の数」も多くなり、「成長のチャンス」も大きくなることになります。

もっともローコストな方法で失敗を繰り返し、「当たり」がついたらハイリターンな販促にコストをかける。

これが「テストマーケティング」の考え方です。



Dee Bee total plan
(c) Copyright 1993 - 2016 Dee Bee total plan, Inc. All right reserved.