インターネットビジネスの成功法則と業績向上につなげる成功事例やホームページを使った経営改善方法の提案からサポートまで。


岩上メルマガ 岩上メルマガに登録頂くと、特別なレポートや集客に関するWebセミナーをご覧頂けます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
メールアドレス



PR and LINK

スポンサードリンク
注文住宅の倉沢工務店
アニソンJーPOPロックを高い声で歌う為のボイトレ教室
フェイシャルエステサロンの自宅開業をサポートするミッシェル
腰痛・肩こりなら高崎市の整体ゆあさ
ネットビジネスの成功
経営ノウハウ
中小零細企業向け格安SEO

あなたの「売るべきもの」は何か?

今回は、あなたの「売るべきもの」は何か? というテーマです。

もし、あなたがこれから10年、20年と商売を続けて行きたかったら、いろんな事例から自分のビジネスを見直す時間が必要です。

その一助として、この記事を「自分の話」と考えながら読んで下さい。


なぜ近所のお菓子屋がなくなったのか?

いきなり本題です。そして、あなたの関係ある話です。

もし、あなたの商品、サービスが売れなくなったら?

と同じ事だと思って考えてみて下さい。


なぜ近所のお菓子屋がなくなったのか?

それは「ポッキー」を売っていたからです。
(あくまでたとえです。ポッキーでなくても、他の商品でもよいです。)

お菓子屋さんは「お菓子」を売っているから「お菓子屋さん」です。

が、「お菓子」だけを売っていては、より品揃えの良い店、より安い店に負けて潰れてしまいます。

同じ「ポッキー」を買うのなら、いろんな「ポッキー」があるお店、安いお店で買うに決まっています。

そして「商圏」は「サービス」や「品揃え」で大きく変わってきます。

隣の人が「ポッキー」を買うのに、わざわざ車をだして家族全員で1時間もかけてコストコに行く時代になったのです。
(もちろん買うのは「ポッキー」だけではありませんが、、、)

本屋さんもそうです。文房具屋さんも、酒屋さんも、お肉屋さんも、、、

近所の小さなお店がいつのまにか無くなってしまったのは、ここに原因があります。

「いや、後継者問題が、、」という話もありますが、儲かっていれば、必ず誰かが後を継ぎます。「儲からなくなった」のが問題の本質なのです。


あなたが「売るべきもの」は何か?

では、あなたが「売るべきもの」は何でしょうか?

あなたがどんな商売をしていようと、答えはたった一つです。

それは「あなた自身」です。

同業者ではなく、「あなたでなければならない何か?」です。

その「あなたでなければいけない何か」を前面に出して集客しなければなりません。そうしないと確実にお客様を競合に持って行かれます。

この「あなたでなければいけない何か」を、当社では「特異(得意)点」と呼んでいます。

あなたと同業他社の差がわかる「特異な点」で、さらに「あなたの得意な点」という2つの意味があります。

その「あなた自身の特異(得意)点」を、一日も早く見つけ、少なくともホームページの1ページ目に大きく掲げ、告知を開始すべきです。

翌々回りを見渡すと、小さなお店でも、今でも生き残っていたり、あろうことか「お客さんが並ぶお店」もまだまだたくさんあります。

それらのお店はすべて、何か他社と大きく違う、そこでなければならない「特異(得意)点」をもっているはずです。


時間と苦労と地道な努力を、自分自身に投資する事ができますか?

この「特異(得意)点」は、すぐに見つかるほど甘いものではありません。

そこに至るまでに、時間と苦労と地道な努力が必要です。「商売の王道」ですから当然の話です。

しかし、この「あなたならではの特異(得意)点」がわかると、ブームに影響をうけない、どんな時代でも着実に売上が取れる圧倒的に有利な立場に立つことができるのです。

何度でも書きますが、それには時間と苦労と地道な努力が必要です。

そして「あなた自身の特異(得意)点」は、お客様が「売上」という具体的な手段で評価します。

当然、自分で決めても「はずれ」という事も多々あります。

ですので、できるだけ早くチャレンジを開始する必要があるのです。

そして「失敗の回数が多ければ多いほど、成功の確率は上がる」と信じてチャレンジしつづけることが大切なのです。


チャレンジはローコストでないといけない

もちろん、なんども失敗するのを想定してのチャレンジですから、ローコストなチャレンジでないとダメです。

成功の手がかりを掴む前に「販促費のかけ過ぎによる赤字倒産」なんて絶対にやめて下さい。

一番ローコストなチャレンジが「自分で自分のWebサイトやブログで主張する。」という方法です。

これなら1円もかけずに出来ます。(あなたの努力しだいです)

「自分でできることなら、どんな努力も厭わない」

という意気込みで頑張って下さい。

かならず未来はその手につかめます。




Dee Bee total plan
(c) Copyright 1993 - 2016 Dee Bee total plan, Inc. All right reserved.